既存の特許、商標、意匠のデータベースを調査することにより、お客様が新しいものを開発しておりそれがその後登録可能であるかどうかを判定できます。また調査により、他者の既存の知的財産権をお客様が侵害していないかどうかを確認できます。 知的財産権の申請の前に総合調査を行うことにより、その権利がまだ存在している限り、時間とお金の無駄使いを避けることができます。

また調査により、他者の既存の知的財産権をお客様が侵害しているリスクがないかどうかを知ることができます。侵害調査(一般に「フリーダム・トゥ・オペレート」調査ともいいます)の結果に基づき、お客様の特定の国で知的財産権を利用する能力についてアドバイスが可能です。

アダムズ・プラックは下記のタイプの知的財産調査を支援することができます:

  • 特許新規性調査–お客様の発明に特許性がありそうかどうかを確認するうえで有益です;
  • 商標および意匠登録可能性調査–お客様の標章または製品意匠が登録可能かどうかを確認するうえで有益です;
  • 特許、意匠および商標侵害調査–特定の国でお客様の標章、発明または製品意匠を商業化する場合、お客様が既存の知的財産権を侵害している可能性がないかどうかを確認するうえで有益です;
  • 無効化調査–既存の知的財産登録を無効化するために使用できる先行技術を見つけるうえで有益です。
サービスへ戻る
お問い合わせ