オーストラリアの法律制度では、第三者が特許、商標、意匠の登録に異議を申し立てることが認められています。 各々の知的財産権には、守るべき厳格な期限を伴う独自の異議申し立て手続きがあります。アダムズ・プラックの弁理士は、異議申し立てに適用可能な法、手順についての詳細な知識を深めてきました。知的財産登録に異議を申し立てる、またはお客様の知的財産権を守る必要があるかどうかについて、必要となる専門知識を提供できます。

侵害者に対し知的財産登録が実施される必要がある場合、これは裁判所での訴訟によりなされます。訴訟手続きは詳細なアドバイスを弁理士から得た後に始める必要があります。アダムズ・プラックの弁理士はお客様の状況を評価し、信頼できる外部の知的財産訴訟人・弁護人と協力して、実用的な強制措置、リスク、コスト、成果の計画を立てるための法的アドバイスを提供できます。

サービスへ戻る
お問い合わせ